×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

PAGE TOP

妊娠しやすい体

妊娠しやすい体質|妊娠しやすい体を作るには?

妊娠しやすい体を作る方法について記しています

妊娠しやすい体になるには冷え性を治す

妊娠しやすい体を作るには、冷え性を治すようにしたらよいです。

冷え性だけが、妊娠しにくい体を作る原因になるわけではありませんが、一つの原因になっています。

冷え性は、妊娠しやすい体を作るには、大敵になってしまいます。

冷え性は、血行が悪い状態なのです。

冷え性になると卵巣に酸素や栄養がいき届かなくなります。

そうなると、卵巣の機能は低下してしまうのです。

そうなると卵巣が機能しにくくなるので、結果として妊娠しにくくなるのです。

冷え性の改善には、食生活を見直しと、生活習慣も見直す必要があります。

冷え性を改善しながら、妊娠しやすい体を作りましょう。

冷え性とはどのような状態を言う?

冷え性というのは、体温を基準に考えて見た場合、平熱が36度以下の状態をいいます。

また、症状で言えば、手足はキンキンに冷えていて頭など、上半身が火照ったり熱を持つ状態も冷え性と言えます。

他にも、肩こりやむくみ、腰痛があったり頭痛があったり、便秘が慢性化している方は冷えが原因になっていることが大半です。

そして、体が冷える原因の一つに、冷たい飲み物を摂取したり、冷たい食べ物を摂取したりすることがあげられます。

また、湯船に浸からずにシャワーでお風呂を終わらせることは、体の芯から温まらないので冷えを招いてしまいます。

妊娠しやすい体を作るには何をしたら良い?

妊娠しやすい体を作るのに一番手軽に出来るのが、「入浴」です。

入浴は半身浴で30分以上入るのがオススメです。

湯船の温度は、38度〜40度のぬるま湯に入るようにしましょう。

お風呂に入ったら、好きな音楽など聞いたり、アロマオイルを湯船に垂らしたりしてゆっくりリラックスできる空間を作ると良いでしょう。

冷え性はストレスの影響でもなりますので、半身浴をしてストレスを緩和して、妊娠しやすい体を作ることが出来ます。

食べ物も普段から温かいものを食べると体も温かくなります。

野菜はサラダにするなら温野菜にしたり、鍋などで食べたり、味噌汁にいれたりすれば、温かい野菜も手軽に食べることが出来ます。

食べ物だと黒ゴマやごぼうなどがあります。

気にかけながら摂取するようにしましょう。

冷たい飲み物は控えた方が良いですが、飲み過ぎも注意が必要です。

水分の取りすぎは、運動をちゃんとしていたら良いのですが、運動をしていないのに水分を多くとっていたら冷え性になります。

そして、代謝も悪くなってしまいます。

代謝が悪くなると妊娠しやすい体を作ることは出来ません。

また、バランスの良い食事をすることが大切です。

食事のバランスが偏ると栄養が偏るので、体には悪いです。
Copyright (c) 2014 妊娠しやすい体質|妊娠しやすい体を作るには? All rights reserved.